ユニファ開発者ブログ

ユニファ株式会社システム開発部メンバーによるブログです。

突撃!隣のリモートワーク

こんにちは。スクラムマスターの渡部です。

このような情勢もあり、リモートワーク化が着々と進んでいますね。中には、これまでリモートワークの経験が無かったところに、急遽リモートワークをすることになった、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私の場合は、元々リモートワーク可ではあったものの、様々な部署とのコミュニケーションが頻繁にある業務内容でしたので、MTGが多数ある日は出社、MTGが少ない日はリモートと使い分けていたところに、原則リモートのアナウンスがあった、という状況です。

私は経験があったので比較的スムーズに馴染めましたが、完全に未経験だった方は困ることも多いのではないか?と思いましたので、今回、社内のリモートワーカー達に突撃アンケートを取ってみました! (アンケートに協力いただいた皆様、ありがとうございました!)

<この記事は>

  • リモートワークの生産性について解説するものではありません。(今は平時のリモートワークとは状況も異なるとも思う)
  • あくまで、「リモートワークだとこんな良いことがあるよ!」「これが難しいよね…」「こんなのオススメだよ!」ということを伝えるものです。
目次

リモートワークをしていて「良かった」と感じたことは?

f:id:unifa_tech:20200413151218p:plain

やはり「仕事環境」「通勤・退勤」に関してメリットを感じている方が多いようですね。

それでは、具体的なコメントをいくつか見ていきましょう。

仕事環境
  • 空調を自由にできる
  • お気に入りの加湿器を使える
  • 音楽をスピーカーで聴ける
  • 周囲の音が無いので集中しやすい
  • 選び抜かれた参考本が並ぶ本棚がある
  • マンションの火災報知器の点検なども対応できる
  • トイレまで10秒でいける、絶対あいている
  • 気がねなくサロンパスが貼れる
  • パジャマで仕事ができる
  • 朝ごはんを食べられるようになった。お昼に納豆や卵かけご飯も気兼ねなく食べられる。
通勤・退勤
  • 移動時間がなくなると往復2時間は節約できて他のこと(洗濯などの家事や、勉強etc)に使える ←ほぼこれ
  • 仕事終わった瞬間にビールが飲める

オフィスだと、空調やトイレなどは「みんなで使うもの」でしたし、BGMは原則イヤホンですが、自宅ならお気に入りの環境にすることができるのは確かに良いですよね! 私も超がつくほどの寒がりなのですが、自宅だとエアコンガンガンつけられるので非常に助かっています(笑)

あとは、出社しなくなったことで浮いた時間で他の作業ができる、というのも非常に強いメリットですね! 個人的には晴れてる日にお布団を安心して干せるのが非常に助かる…

リモートワークをしていて「困った」「大変」と感じたことは?

f:id:unifa_tech:20200413154244p:plain

ここらへんからが本題というか、皆さん気になるところですよね。

やはり「コミュニケーション」は断トツですが、時点では良かったことにもランクインしていた「仕事環境」に加え、「運動不足」という興味深いワードも見られますね。

コミュニケーション
  • 対面なら秒で解決する質問に時間がかかる
  • 相手が今どのような状態かわからないから話しかけるのを躊躇してしまう
  • 他部署のメンバーがまったく見えなくなるので会社としての一体感を感じにくくなる
  • リモートMTGでの音声が聞き取りづらい
  • リモートMTGに慣れていないと、始まるまでに時間がかかることがある
  • 気分転換の軽い雑談ができない
  • 偶然はじまる会話から得られるインスピレーションなどの気づきが失われる
  • みんなと会えなくてさみしい

複数人でのコミュニケーションに関しては、オフラインで手軽かつ意識せずともできていた部分がし難くなるので、意識的にカイゼンが必要そうですね。

仕事環境
  • 他に家族がいる場合に、話しかけられても仕事中は対応できないことを理解してもらうのが大変
  • 他にもリモートワークしている人がいると、打ち合わせのタイミングが被ることがある
  • ディスプレイや机など働く環境の確保が大変
  • くつろぎのスペースとワークスペースが混在してしまう
  • すっぴんでもいいかなという気持ちになる

家に自分以外の方もいる場合は、オフィスとは違ったルールなり、気持ちの切り替え方なりが必要そうですね。

ディスプレイや机などは、まだ揃えていないという方にとってはちょっと大変なのかもしれません。

運動不足
  • 外に出なくなるので運動不足になる
  • 体がこる

これは大問題ですよね…

対策・工夫していること

続いて、それらの問題に対して工夫していることなどを見ていきましょう。

コミュニケーション
  • timesチャンネルで状況をわかるようにする(元々使ってたが)
  • 何でもないことを話すごく短い Check-in meeting をはじめた
  • Slackに多めに話題提供する
  • Slackでreactionを出来るだけする、素早く返信する
  • 無駄に絵文字を乱用する
  • 相手の状況は一旦考えずに話しかける。すぐに返事がなくても気にしない。
  • (テキストベースだと伝わりにくいので)丁寧な言葉遣いや、一度咀嚼してから返信する。主語を省略しない。
  • 直接話した方が早そうなものは、短時間でもZoomで直接会話をする
  • ログをドキュメンテーションツールにしっかり残し、いつ誰が見ても把握できる場所を作るようにする
  • Slackの画面を占有しないように文章を短くしたり、添付画像がある時はスレッドに流す
  • オンラインでチームランチ・飲み会をする
  • 定期的に雑談の時間(Coffee Time)を設ける
  • SlackにThanksチャンネルを開設する(良かったことや感謝のみを、名指しで投稿して良いチャンネル)

やはり、意図的にコミュニケーションする機会を増やすことと、気軽にビデオ通話できるようにすることは大切ですね。

MTG
  • 会議の準備は怠らない(必ず事前にAgendaや資料を共有し、当日はそれを画面に写しメモをとりながら開催)
  • 必ず顔を映して、少しでもオフライン感を出す
  • スマホ付属ので良いので、必ずヘッドセットをつける
  • 周囲が煩いときはマイクをミュートにする
  • 仕事の話だけに終始しがちなので、MTGの最初に面白い話を入れるなど、ちょっとしたコミュニケーションを増やすようにする
  • 誰かの話に合意するときは大きめに頷いたり、手振り身振りをカメラに映るようにする
  • なるべくテンションあげてニコニコする
  • いつも以上に全員がアクティブに参加できているかどうか気を配る
  • 一方的に話しすぎない。相手の反応を伺えるような「間」を作る。
  • 会議室の予約時間等の制限がないため、だらだら伸びてしまわないよう、議題とゴールを明確にする
  • 個室にこもる
運動不足
  • Switchのフィットボクシングをやってみた ←意外と疲れるらしい
  • プランクチャレンジアプリをDLして試用してる
  • 時間を決めて散歩へ行ったりストレッチをする
  • MTGのときはスタンディングにする
  • スタンディングデスク! かかと上げ、スクワットなどのトレーニングや、ちょっとした柔軟などをすぐにやることができて良いです。
  • 子供の送りついでにランニング
  • スマホで歩数を測るようにしました
  • 家事をわざわざ運動量多めにやっています。料理の合間に無駄に動いたりとか。
  • フラフープ!
  • 諦める
仕事環境
  • (家に家族がいる場合)働く場所を明確に分ける
  • 足が疲れるため家の中のいろいろなところで作業しています

皆さんそれぞれ工夫して、リモートで生じがちな問題を克服しようとされていますね。凄い!

リモートワークにおすすめのグッズ・商品は?

ここからは、個人の好み全開のおすすめコーナーとなります。

気になるグッズやアイデアが見つかれば。

デスク編
  • ニトリ 折りたたみデスク
  • 無印 パイン材デスク
  • スタンディングデスク
  • スタンディングデスク(背の高い小回りの利くごみ箱)
  • スタンディングデスク(キッチンカウンター)
  • スタンディングデスク(キッチンカウンター + 収納BOXで高さ調整)
  • スタンディングデスク(ニトリの組み合わせる棚で高さをいい感じにしたスタンディングデスクもどき)
  • IKEAでかった作業デスク、高さを手動で調整できる
  • IKEAのテーブルトップで自作する ←!!??
  • ディスプレイも複数おけるようなとにかく広い机
  • 普通のPC用デスク、リビングのテーブル、気分を変えたいときにちゃぶ台
  • コタツ(あったかい)
  • 布団

弊社、スタンディングデスク率高めですね…というかスタンディングデスクにも色々あるもんですねぇ…

「で、デスク…?」的なのもありますが、働きやすそうで何よりですね。固定概念にとらわれず、「自分が一番働きやすい状態を作る」ことが大切なのだと改めて気付かされます。

椅子編
  • ニトリ 折りたたみ椅子
  • 骨盤矯正椅子(コタツ)
  • スタンディングなので椅子は不要
  • ダイニングの椅子を使ってます
  • お尻が痛くならないクッションを買って置いてあります
  • エルゴヒューマンフィット
  • 普通のPC用の椅子、ちゃぶ台利用時は無印の人をダメにするソファー
  • 高ければ高いほど…
  • 布団

不要〜高ければ高いほど…まで、人それぞれのオススメが入り乱れる分野ですね。今は難しいと思いますが、実際に座ってみて気に入ったものを買うのが良さそうです。

意外とソファで仕事をされてる方っていないんですね。柔らかすぎるのでしょうか?今度試してみよう。

ヘッドセット編
  • iPhone / スマホについてるやつ
  • SONY MDR-1000X
  • 自宅では不要

9割以上の回答が、スマホに標準で付属してくるものを推奨していました。

実際、聞くにも話すにも音質は問題ないですし、省スペース&実質タダみたいなものなので、通常はこれで問題無さそうです。

皆さん、リモートでMTGするときは、ヘッドセットは実質マストですよ!

お菓子編
  • 運動不足になるので低カロリーお菓子。オフィスでは食べられない臭い系でもいける。「いかそーめん」「するめいか」「おからクッキー」
  • チョコレート
  • ボーロ(本当は子供用だけどついつい食べちゃう)
  • 気分転換に甘いものはよく食べています。
  • アーモンド
  • 食パンのオリーブオイルトースト
  • プロテインナッツ
  • 小分けになっているもの
  • フルーツ
  • 運動不足もあり、お菓子は食べないようにしてます

やはり皆さんカロリーは気にされているようですね…これからの時代は、低カロリー食品の需要が更に高まる気配。

番外編:お菓子を食べ過ぎちゃう問題への対策
  • 小分けのお菓子1袋まで、と決める
  • 買わない
  • おやつを置かない。食事が終わったら歯を磨く。スタンディングデスクにする(立ったまま食べないので)
  • カロリーがないもの、低いものを用意して口だけ動かすようにしている。
  • アーモンドを食べましょう
  • 3食規則正しい時間に食べる。
  • 水とハーブティーを飲む
  • 植物プロテインがあるおやつ、たとえばプロテインバーを食べると、満腹感がある
  • 食べたくなったら歯磨きする(すごい食欲無くなる)
  • 誘惑には逆らいません。食べます。
  • 全敗でいい

認識しなければ問題にはならない的な清々しい意見もありますね。

歯磨きというのは意外だけど良さそうなアイデアですね…歯の健康にも良いし…

飲み物編
  • 朝一カフェオレ、昼以降はコーラを炭酸水で割ったやつ(コーラだけだと甘すぎる)
  • コーヒー
  • ちょっといい豆で淹れるコーヒー
  • 朝一でコーヒー、それ以降はコーヒー(カフェインレス)
  • 緑茶(あったかいお茶を水筒に入れると何度もお茶を入れる手間が省ける)
  • 伊藤園の烏龍茶
  • レモン&ジンジャーティー
  • カルピス
  • 水。リモートしてると水分意識してとらないと忘れる(コーヒーとかは意識しなくてもとるので、水がおすすめ)
その他のおすすめ編
  • PCスタンド、キーボード、マウス
  • 猫(気分転換にモフモフすると良い)
  • 軽くて持ち運びできるモバイルディスプレイはサブディスプレイにとても良い
  • テレビで「波の音」などを流しっぱなしにする。焚き火とかもおすすめ。
  • ティファールのケトル。コーヒー、カップ麺、レトルトカレー、全てに使える。
  • トリガーポイント マッサージボール 座りっぱなしで下半身の血行が悪くなるので、コリコリやって血行を促進してます。
  • 3440x1440の横長モニター
  • デスク下のヒーターは冬にはとても重宝します
  • サロンパス

まさかの生き物が入ってきました(笑)…でも確かに…合間にモフりたい…

コーヒーは豆から挽くのがやはり美味しいのですが、毎回はやってられないので、私はネスカフェ バリスタiも併用しています。2ボタンでコーヒーを飲める手軽さは圧倒的なので、こだわりがそこまで強くない方なら満足していただけるかと思います。

また、私もよく波の音や焚き火の音をYoutubeで再生しているのですが、こちらの動画は音・映像ともにクオリティが高いのでオススメです。

youtu.be

リモートワークが初めての方へ向けて、まずはこれをやった方が良いよ!ということは?

  • 1時間に1回くらいは席を立って体操(肩首腰のコリ予防)
  • 紫外線を浴びる(15分以上)
  • スタンディングデスクにするには最初の1~2週間に訪れる試練を乗り越える必要があります。それに負けないだけの気持ちをつくっておくことが大事です。
  • 仕事をする場所を一箇所に決めること。ここに座ると仕事する場所(会社)みたいな。遊ぶときはそこに座らない&近寄らない。
  • 快適&見られても恥ずかしくない部屋着の準備
  • 自分のPCと仲良くなる。気になること、不具合はググる。再起動する。
  • お金はかかりますが、普段会社でモニターを使っている人はモニターがあるといいと思います。ノートパソコンは視線がかなり下がるので健康によくないなあと
  • デスク周りをオフィス以上に快適にする
  • インターネットは必ず固定回線を用意すること
  • 作業部屋
  • 仕事モードと家モードを切り分けられるようにするためのルーティーン
  • ヘッドセット必須(iPhoneの付属品でいいので)
  • お気に入りのマグカップの購入
  • 毎日出退勤の打刻を忘れない

一貫してスタンディングデスク押しの方がいらっしゃいますね、流石!

自分は常時は逆にキツイので、MTG時や腰に違和感が出始めたタイミングでスタンディングするようにしていますが、いまのところ良さそうです。

あと、「お気に入りの◯◯」を用意するのは毎日の仕事がちょっと楽しくなるので、地味に良いアイデアですね、早速取り入れてみよう。

その他リモートワークをする上で意識していること、気をつけていることは?

  • 会社にいるのと同じくらい(気持ち的にはそれ以上に)アウトプットすること!
  • 書き言葉でメッセージを伝えることが主になるので、相手がどのように受け取るか、意図したことが伝わるかなど言い回しや表現などをしっかり見直して送るようにしています。あと、スタンディングデスクはやっぱり最高ってことですね。
  • チーム外のメンバーの信頼を得ることが非常に難しい(チーム内も難しいですが)。その前提でzoomやslackでのやり取りには十分に気をつけるようにしている。
  • せっかく自宅にいるので定時で上がれるように頑張る
  • さみしい、みんなに会いたいとか、素直に言うようにしてる
  • 定期的に存在をアピールする
  • 仕事を終えたらしっかりとグダる

おしまい

いかがでしたでしょうか?

各々で工夫していることが違ったので、こうして集計してみるだけで、試してみたいアイデアが見つかりますね。(モノは買おうと思えば買えちゃうので、逆に物欲のコントロールが大変)

暗いニュースが多い今日このごろですが、日々の働き方をちょっと見直して快適にしたり、空いた時間で各々の生活の質を向上させたりして、日常にちょっと嬉しい楽しい要素が増えれば良いなぁと思います。

それでは皆様、また次回。

明日は今日よりちょっと快適なリモートワークライフを送れますように!