ユニファ開発者ブログ

ユニファ株式会社システム開発部メンバーによるブログです。

サクッとできるCSSアニメーション(transition)の使い方

Webデザイナーのmorita(こ)です。今回はCSSのアニメーションについて、ちょこっと書かせていただきました。 ボタン(hover me) ↑こんな感じのよくあるhoverアクションを1行で実現します。 transition: .◯s; ◯の部分は数字でOK。 .4sとかにすると、0.4秒で…

酔っぱらいの千鳥歩きを参考にしたランダムウォーク メトロポリス・ヘイスティングス法(MH法)を試してみた

はじめに こんにちわ、研究開発部の島田です。今回はMCMC法の一種である、ランダムウォーク メトロポリス・ヘイスティングス法(MH法)についてのお話です。 これまた小難しそうな名前ですが、実はMCMC法の中では最もシンプルなアルゴリズムとして有名です。今…

物体間の関係性の認識

こんにちはR&Dチームの宮崎です。ユニファアドベントカレンダーの7日目となります。どうぞよろしくお願いします。 はじめに DeepLearningの発展に伴い、画像分類や物体検出はかなりの精度で行えるようになってきました。 そこで、近年は画像からより高レベル…

Making a 3D Snowman with Zdog

Making a pseudo-3D snowman with canvas, SVG and Zdog.

初めてのre:Invent3日目 (Hands-OnとJam)

ラスベガスからこんにちは。 異国の地で眠気と戦ってるユニファのインフラ見ているすずきです。 書くのが遅れに遅れて周回遅れ中ですが頑張ってブログ書きます。 3日目ともなるとホテルの中も覚えてきて迷わなくなりますね。 もう怖いものはない(嘘です英…

初めてのre:Invent2日目 (DeepComposerとったどー)

ラスベガスからこんにちは。 異国の地でなんとか生き残りながらユニファのインフラ見ているすずきです。 毎夜毎夜交流会で睡眠時間が足りてませんが、今日も頑張ってブログです。 去年のre:Inventの報告会イベントでどなたかがre:Inventに一番必要なものは体…

業務効率化の進め方失敗談

気がつけばいつの間にか12月に入っており、見渡せばどこもかしこもクリスマスモードですね。 初めまして。ディレクターの木曽です。 今回は、過去(ユニファ入社以前の会社)に自分が行った社内の業務効率化について失敗したなと思うことがあったので、振り…

初めてのre:Invent1日目

おはようございます、こんにちは、こんばんわ。 ユニファのインフラ見てるすずきです。 最初に宣伝、弊社もアドベントカレンダーをやっているのでぜひ見ていってください。(このブログはアドベントカレンダーとは関係ない) adventar.org 海外も2度目で英語…

ヒューマンエラーとは?

みなさんこんにちは。午睡チェックのディレクターをしている保坂です。 LINEの返信をしようとしたら、スマホをどこかに置き忘れた。 電車に乗ろうとしたら定期券が無いといった、困った経験はないでしょうか? さらにそういった失敗から、大事な商談ができず…

My 2nd Favorite Pi

By Matthew Millar Research Scientist at ユニファ Purpose: This blog will be the initial start of an IoT project for computer vision. The final goal will be to locate an individual and to track this individual to see where they are in a roo…

業務サポートslack botを作ってみた

こんにちは、tjinjinです。9月からユニファでインフラエンジニアとして働いています。この記事はユニファアドベントカレンダーの2日目です。昨日は渡部さんのJIRAの便利Tipsでしたね、JIRA力を上げていきたい…! この記事では業務サポート用のslack appを作…

JIRAで、自分宛てメンションのみをSlackに通知する方法

なんと今年は弊社でも有志を募り、アドベントカレンダーを実施することになりました! 改めまして、UniFa Advent Calendar 2019の1日目を担当します、スクラムマスターの渡部です。 今回の記事では、JIRAで自分宛てメンションがあった時のみSlackに通知する…

『ユニファでデザイナー向けイベント?!』話題のMeetupに潜入レポ!!

潜入レポ!!は言い過ぎましたが、弊社主催のMeetupに参加しましたのでレポートします。 みなさんこんにちは。ICT開発の柿本です。 最近朝晩がとても寒くなってきましたね。そんな中でも北風がピューピュー吹いて特に気温が下がった11月20日、弊社主催のMeet…

MAG V

By Matthew Millar R&D Scientist at ユニファ Purpose: This is part V of the MAG (Multi-Model Attribute Generator) paper I am working on. This post will look at locating bags, handbags, and suitcases. This will be a bit different than the la…

RubyWorld Conference 2019

By Robin Dickson, software engineer at UniFa. The RubyWorld Conference 2019 was held on November 7th and 8th in Matsue, Japan. UniFa joined as a sponsor and had a chance to show the Lookmee Nap Check service (ルクミー午睡チェック), which u…

JUMP問題

こんにちは、プロダクト開発部のちょうです。前回から結構長い時間経ってましたので、すこし別のトピックにしようと思います。紹介なしで短い時間でできることの一つは多分アルゴリズム問題でしょう。今回こういう問題を解いてみたいと思います。 入力:整数…

ルクミーフォト リニューアルで実施した技術的な変更のご紹介

お久しぶりです、Webエンジニアの本間です。 去る2019年10月1日に自分が所属するチームで担当した「ルクミーフォト」のリニューアル版をリリースすることができました。 【プレスリリース】『ルクミーフォト』および ユニファコーポレートサイトリニューアル…

MAG Part IV Color

By Matthew Millar R&D Scientist at ユニファ Purpose: This is part IV of the MAG (Multi-Model Attribute Generator) paper I am working on. This post will start to look at the clothing color of the upper body and the lower body with different…

ServerlessDays Tokyo 2019 にスポンサーとしてブース参加してきました

おはようございます、こんにちは、こんばんは! ユニファのインフラ見てますすずきです。 エンジニアメンバーが増えて久々の更新となります。 その間にインフラメンバーも増えて新たなチャレンジがしやすい状況となってきました。 そういう状況だからと言う…

MAG Part III Upper Body

By Matthew Millar R&D Scientist at ユニファ Purpose: This is part III of the MAG (Multi-Model Attribute Generator) paper I am working on. This post will focus on defining what clothing the upper half of a person is wearing. As with the las…

TensorFlow Serving の簡単な負荷試験

はじめに こんにちは、iOSエンジニアのしだです。 開発ブログは久々な気がします。今回は TensorFlow Serving のgRPCの簡単な負荷試験してみます。 ECS などで TensorFlow Serving を運用する際に、どれくらいのマシンリソースだとどれくらい処理できるとい…

Review of CTO Night & Day 2019 Fall

みなさんこんにちは。ユニファでCTOをしてます赤沼です。先日 AWS さん主催の招待制オフサイトカンファレンス CTO Night & Day に参加させていただきました。昨年初めて参加させていただいて今回で2回目だったのですが、名だたる企業の大先輩CTOや、同じよう…

MAG part II

By Matthew Millar R&D Scientist at ユニファ Purpose: This is part II of the MAG (Multi-Model Attribute Generator) paper I am working on. You can see part 1 here Multi-Model Attribute Generator - ユニファ開発者ブログ This post will focus on…

睡眠✕IoT! NeuroSpace & UniFa Engineer Meetup!

こんにちは。エンジニアの田渕です。 暑かった夏もようやく終わりが見えてきて、ちょっとホッとしています。 そんな秋のはじめである9/25に、株式会社ニューロスペース様と共催で、Meetupを開催しました! unifa.connpass.com 僭越ながら私も登壇させて頂き…

保育士さんの行動推移モデルで理解するマルコフ連鎖

はじめに こんにちわ、研究開発部の島田です。今回はマルコフ連鎖についてのお話です。 マルコフ連鎖は様々なところで応用されており、イメージしやすい例だとWeb広告のアトリビューション解析などでしょうか。これは、ユーザーがインターネット上で何かを購…

Multi-Model Attribute Generator

By Matthew Millar R&D Scientist at ユニファ Purpose: This blog is to show the development process of a new research paper that I am working on. The goal of this string of blog posts is to slowly but surely develop a product that can aid in…

AWS LambdaでTensorFlow 2.0を使った画像分類

こんにちは、R&Dの宮崎です。 普段はTensorFlowを使った画像の認識モデルの開発を行なっています。 無事に精度の高いモデルができると、次は実際にサービスとして運用するための基盤を準備しなければいけません。 そこで今回は、AWS LambdaでTensorFlow 2.0…

fastlaneを利用してdSYMファイルを自動アップロードしてみる

こんにちは。iOSエンジニアのキムです。今回はアプリのクラッシュに関する内容になります。 アプリが良い評価をされるためには動作の安定性が必要不可欠です。コンテンツの内容やデザインなども大事ですが、アプリの動作が不安定でよくクラッシュしたりする…

コンテキストスイッチをいかにして減らしたか?

スクラムマスターの渡部です。 以前、とあるイベントに参加した際、「スクラムをやり始めたチーム向けの、ネタ帳的な情報ってあまり見かけないよね」という話をしていたのですが、それならばと思い、私たちのチームで実際にやったことの一部を紹介していこう…

not 0, but 1

デザインチームの三好です。 今回はデザイナーっぽいこと書きます。 「アートは自己表現、デザインは問題解決」という言葉をよく聞きます。 個人的には100%そうだとは思っていませんが(稀にデザインがアートに、アートが問題解決になることもある)、やはり…